にんにく卵黄が持つ力とは

近年、健康食品のブームが起こっておりさまざまな健康食品から必要な栄養や健康成分を取ることができるようになっています。そんな健康食品の中ににんにく卵黄といわれるものがあります。にんにく卵黄とは古くから南九州で親しまれてきた食品でにんにくと卵黄をあわせて作られた伝統食品です。南九州では一般の家庭で作られ消費されてきたものですが、近年ではにんにく卵黄の持つ力に注目した多くの健康食品会社が食べやすくカプセル状や錠剤などのサプリメントにして提供しています。


多くの人に利用されているにんにく卵黄ですがどのような力を持っているのでしょうか。にんにく卵黄はにんにくの持つ力と卵黄の持つ力を摂取することができるものです。にんにくの持つ力としては、疲労回復や滋養強壮があります。一般的にも体力がない、疲れたと感じた場合には食事の中ににんにくを取り入れることがありますが、これはアリシンという成分が持つ力です。エネルギー代謝に必要不可欠とされているビタミンB1と結合してビタミンB1の吸収を助ける成分になることで代謝を活発にし疲労回復や滋養強壮の効果があります。またアリシンには殺菌や抗菌の力があり、ウィルスによる風邪を予防する効果も期待することができます。一方の卵黄は良質なたんぱく質を持っていることで知られています。卵は高コレステロールの食品であるというイメージがあり、一日に2個以上の摂取は避けるべきなどといわれていますが、卵黄中に含まれているレシチンという成分は私たちに欠かすことができない成分です。


レシチンは私たちの身体を作っている細胞の細胞膜を形成している主成分であり細胞を生成し維持していくために必要不可欠です。さらに高コレステロールと言われている卵ですが卵黄中のこのレシチンにはコレステロールを下げる働きがあり適量摂取することは望ましいとされています。にんにく卵黄はこの2つの力を得ることができ、さらに2つの持つ力の相乗効果を期待することができます。にんにくのもつアリシンと卵黄のもつ脂質が合わさることにより脂質アリシンという成分に変化します。この成分は強力な抗酸化力を持っており活性酸素による老化を防ぐことができるので、近年多くの人の間で話題となっているアンチエイジング効果を期待することができます。健康と美容の両方の効果を期待することができます。さらに脂質アリシンがレシチンの働きを活発にさせるので動脈硬化や心臓発作の発生を抑えてくれることを期待できます。