にんにく卵黄完全解説ブック

今からでも使える情報満載

にんにく卵黄を手作りするには

にんにく卵黄と言えばカプセルや錠剤になっているサプリメントを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。にんにくの持つ疲労回復や滋養強壮、殺菌・抗菌作用などと卵黄の持つ細胞の生成や維持を助ける効果などとにんにくと卵黄が合わさって得ることができる強力な抗酸化作用など身体にいいものとしてにんにく卵黄は知られています。普段から口にしている食材を使用して作られているものですからにんにくや卵黄に対してアレルギーを持っている人でなければ重大な副作用の心配はなく安心して服用することができます。

現在では全国的にサプリメントというイメージの強いにんにく卵黄ですがもともとは一般の家庭で作られていた健康食品であったということを知っているでしょうか。ある地域では古くから一般の家庭ごとに作られて食べられ続けていた食べ物でした。ですからサプリメントを購入しなくても自分たちで作ることができるものです。にんにく卵黄を自宅で手作りしたい場合にはどのように作ったらいいのでしょか。にんにく卵黄はスーパーで手に入るものと家庭においてあるもので簡単に手作りすることができます。にんにく1?と卵黄8個から10個用意します。まずにんにくをすりおろしてそのすりおろしたものを汁ごと火にかけてあたためていきます。湯気が出るぐらいまで温めることができたらその中に卵黄を加えていきます。卵黄を加えた後は焦げやすくなるので火加減を見ながら手早くにんにくと卵黄を混ぜ練り上げていくようにします。

焦げないようにするためには火から落としたりして温度があがり煮詰まってしまわないようにするといいでしょう。半量になるぐらいまで練り上げることができたら完成となりますが、それを天日干しで3日ほど乾燥させて程よいやわらかさになったら一まとめにし食べやすい大きさに丸め、それを再び0家から2週間ほど乾燥させて水分を飛ばすと長期保存も可能となります。乾燥させる方法としては天日干しだけではなく、フライパンで炒るようにして乾燥させる方法もあります。手早く行うことができますが焦げ付かないように慎重に乾燥させる必要があります。半量になったものがさらに半量ぐらいになるまで乾燥させたら完成になります。乾燥させたものはビンなど密閉することができる容器に詰めて湿気がこもらないようにし、冷暗所などで保管するようにしてください。出来上がったものはそのまま食べることもできますが、料理に使うこともできます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*